不動産のイロハ(日本の不動産から海外の不動産事情)

海外で大家さんになる為にはどうしたら良いのか。
日本の不動産市場は飽和状態となっており、利回りが10%以上になる物件はほぼ購入する事は難しい状態です。しかし、海外の不動産事情はどうでしょうか。海外には利回りが高い不動産物件が沢山あるのです。海外の不動産物件を購入して大家になる事はさほど難しくない時代がやってきました。特に東南アジアの不動産物件はまさに投資投資の時期に来ています。
一方日本では、年末にご家庭で良く出る話題として、宝くじに当選したらという話があります。そして億単位のお金が当たったら、自分の好きな土地で不動産の購入をして素敵な家を作るという話が出るものです。海外で不動産投資を行い、家賃収入で暮す事も十分に可能です。

日本の不動産物件事情として最近では自然災害が多く、自分の住みたい地域の地盤や気候などもしっかり下調べをしなくてはいけません。また、ご近所トラブルに巻き込まれないように事前調査も必要です。実際に管理人は以前日本の不動産を購入しましたが、近くに幼稚園や大きな公園があると車の無断駐車が多くストレスになる事も多々あります。

広告 海外不動産で今一番利回りが高い国はどこ?利回りだけでなく、マンションを購入する費用まで格安、現地のアパートの大家になり賃貸経営をするにはバンコク 不動産が家賃収入を得る為に得策。タイ国でコンドミニアムオーナーになりましょう。

このように日本の不動産物件は自然災害や地盤調査等もしなくてはいけない。
海外では地震の少ない地域や気候が安定している国の不動産は安定しており、また、国によっては不動産購入価格がとても安価な国も御座います。

このサイトでは、不動産を購入する際の知識や経験談、そして日本の不動産物件のみでなく海外の不動産事情にも注目をする為にご利用下さい。