by

購入にかかる仲介手数料とは?

仲介手数料って?

今まで賃貸しか借りたことがなかったので、不動産を購入する場合にかかる仲介手数料も、かかっても十数万円くらいだと思っていました。

ところが何十万、何百万もするとは思いませんでした。
売買価格の3%+6万円にさらに消費税という計算方法。
3000万円くらいの物件では100万円を超えてしまうのです。

正直、高いと感じます。
しかし、考え方によっては、これは安いのかもしれません。

仲介手数料のかかる物件というのは、売主とは別に不動産会社の入る契約です。
素人の身で不動産という高額商品の買い物をするとなると、売主のいいなりになってしまいそうです。

そこで、アドバイスをしてくれる専門家を雇うという考えから、仲介手数料という報酬の存在意義があるわけです。

例えば、仲介手数料のかからない不動産購入というと、売主から直接買い受けるという契約です。

新築マンションや新築戸建など一般的でしょう。

気をつける点

それを売るセールスマンたちは売らなければ食っていけないのですから、手八丁口八丁、売り込んできます。
もちろん、宅建業法を順守しているセールスマンがほとんどですから、詐欺師のように見てしまうのは間違いです。

しかし、業法に違反しないすれすれのグレーゾーンのようなところでは、やはり自社寄りの都合の良いセールストークをしてくる可能性はあります。

仲介業者が入っていれば、中立のような立場でアドバイスをしてくれます。
売主側寄りの内容で買主に不利な取引をしてしまった場合、仲介業者にも損害賠償や行政処分などのペナルティが科せられるのです。

それは100万円くらいの手数料では賄えないくらい大きな事です。
だから仲介業者は顧客にマイナスになるような取引には応じないという、買主側と利害一致した専門家ということになります。

それでも何十万、数百万とかかる手数料は必要経費ではあっても一般人にとっては「高額」ですよね。

それだけの報酬を支払うに値する不動産会社へお願いしたいところです。