by

物件購入によるメリット

住まいの大切さ

住居は生きていくうえで、とても重要な問題です。

住まいは人生の大部分を過ごす大切な場所であり、どのようなところで住むかによって、人生が変わるといっても過言ではありません。

それでは不動産を購入するか、賃貸物件を借りるかでは、どちらのほうがメリットがあるのでしょうか。

ライフプランを立てやすい

不動産を購入する場合、デメリットとして挙げられるのは住宅ローンの負担です。

不動産を購入すると、高額な住宅ローンを長期にわたって支払う必要があり、家計の負担が重いと言われます。

例えば、収入に対して高額な物件を購入したり、毎月高額な住宅ローンを組んだ場合は、確かに負担が重く、支払い続けるのが難しいケースもあるでしょう。

しかし実際には住宅ローンには厳格な審査があります。年収や世帯主の年齢などが審査され、ローンの支払いが厳しいと判断された場合は審査が通らない場合がほとんどです。

逆に言えば、審査に通る物件は毎月の支払いに問題がないと判断されたということになります。

今現在、銀行は0金利政策が打ち出された事によって、日本銀行に預け入れる事にメリットがなくなりました。

銀行としては、顧客向けに融資をしたい現状となっており、現在は低金利で住宅ローンを組む事が出来ます。

このような低金利ローンが組める事により、より住宅購入をする事が簡単になるでしょう。
また、賃貸物件の場合、家賃の支払いは一生涯続きます。

住み替えが簡単にできるなどのメリットもある賃貸ですが、高齢になると賃貸契約の更新が難しいケースもあります。

不動産を購入した場合、住宅ローンの支払いが長期間続きますが、資金の余裕があるタイミングで繰り上げ返済などを繰り返せば、完済期間をぐっと短くすることができ、負担を軽くすることができます。

その後は資産として活用したり、長く住み続けたりができ、ライフプランを立てやすいことが最大のメリットです。

この低金利政策の今、銀行からの借り入れが簡単になっていますね。

このようなシステムを多いに活用するべきです。

国外でも物件購入が可能

日本だけではなく海外でも不動産の価値はあり、海外の不動産に目をつけている方も多くいます。
海外の不動産になぜ注目している人が多いのか海外不動産のおすすめの国とその理由について紹介していきたいと思います。
海外はいろんな国があり、どの不動産が良いのか分からないことも多いですが、とりわけアジアが不動産でも注目されています。
理由はアジアの国々で経済成長をしているところところが多く、不動産の価値も高くなってきているからです。しかし、外国人が海外の不動産を購入、または投資するのにはいくつかのポイントがあります。
例えば中国も経済成長を続けている国で不動産物資も価値が高まってきています。

価値が上昇する

経済成長が上昇しているところは不動産の価値も高くなり、日本の不動産よりも高くなるので投資にもおすすめと言えます。
海外で不動産の価値が高まるもう一つのポイントは治安が良いのか悪いのかです。
治安が悪いと政治も不安定ということになり、経済も落ちてくるということになります。
経済が落ちれば、不動産の価値も下がります。政治の治安が安定しているならば、経済成長の点で不動産の価値は高くなっていくのでこの点も注意しておくと良いと思います。
さらにもう一つのポイントは外国人でも土地の購入ができるのかどうかです。
海外でもとりわけアジアは外国人に土地を購入、または投資することを嫌う傾向にあります。
建物の投資や購入は許可されても、土地となると簡単ではありません。土地が購入できなければ投資において難しい部分も出てきます。
そのため海外不動産では経済成長、政治の治安、外国人の土地購入がポイントになります。
この3つのポイントを全て受け入れている国は少ないですが、アジアでもあります。
それはマレーシアです。アジアのどの国も最後の外国人の土地購入ができないことが多いですが、マレーシアではアジアはでもそれが可能です。
そのためマレーシアの経済成長を見ながら、不動産を購入、もしくは投資していくと利益も出やすくなります。
経済成長という点では弱い部分もあるかもしれないと思うかもしれませんが、土地の値段自体もそこまで高くないということなので、今後発展を見越して投資しておくと後に多くの利益を得られるかもしれません。
もちろんマレーシアやアジア以外でも多くの国の不動産の投資から利益を得ることはできます。
この記事が海外不動産について考える人の参考になれば良いと思います。