不動産投資の人気国を比較して投資先を決める

日本では人口の都心への集中などによって空室問題が発生しています。そのため、国での不動投資も停味となっています。

一方で海外の不動投資の人は年々高まっています。投資先の国は先進国や発展途上国など々です。

ここでは、それぞれの不動投資の人国を比較するための情報をお伝えします。

まず先進国の人国としてアメリカがげられます。

カリフォルニアやニューヨークなど人口が密集している地域の不動投資は安定性もあり、非常に魅力的です。

円高の時期に購入できれば、将来為替の差益を得ることも可能でしょう。

ただしその分、金面での手きは多少面倒です。また入の一部をアメリカ国に置くなどの決まりもあります。

今ではハワイのオアフ島以外の島も人なので、投資先として討すると良いです。

もう一つ先進国で人になっている投資先はオーストラリアです。

広大な土地が広がるオーストラリアは自然豊かでセカンドハウスとして利用するために物件を取得する人も多いです。

ただし永住ビザが必要だったり投資家向けの物件に限定されていたりと、敷居は高くなっています。

さらにシンガポールも先進国とはいえますが、人口が過密態で物件は高めです。

お金持ちも多く空室リスクは少ないですが、ある程度大きな資本が必要となります。

また他の東南アジアと比較すると経済の伸びは小さいと予想されるため、キャピタルゲイン狙いには不向きとみなされることもあります。

また東南アジアで今注目を集めている投資国はマレーシアです。

首都であるクアラルンプールやジョバホールなどの地は既に物件ラッシュがいており、外国人投資家が押し寄せています。

マレーシアは今後も経済が発展していくことが予想されるため、制改正などがない限り大きなインカムゲインを期待できます。

そして日本人に馴染みが深いタイも人です。

バンコク付近のエリアは高層ビルが立ち並び、既に開発がんでしまった感はありますが、

北部のチェンマイなどの地はこれから人口もえていくと予測されます。

タイをよく訪れる人は物件を見て回ると良いでしょう。

東南アジアで積極的にリスクをとって投資するならベトナムです。

まだ未知のところが多いですが、土地付きで住宅の購入ができます。

ある程度ベトナムに詳しくないと目利きが難しいかもしれませんが、

まだ注目している投資家が少ないため格安で物件を取得できる可能性が非常に高いです。