海外で日本人は不動産の所有権はある?

日本では都会以外では不動産価格の上昇は見込めないので、海外で不動産を購入している人もたくさんいます。しかし日本と海外では然法律は異なりますので、トラブルも結構起こっていると言われています。

 日本では外国人が不動を購入するときには日本人と同じように取得することができます。土地の取得もできますし、建物も取得することができます。一方、海外ではそうしたことができない国もありますので、海外で日本人は不動の所有はある?のかという点について考えてみたいと思います。

 まず裕福な日本人にとってあこがれはハワイです。ハワイは日本人がたくさん訪れていますので、別やコンドミニアムを所有するのがあこがれという人はたくさんいます。年に回訪れるだけという人はそれ以外の間旅行客に貸し出して益を出すこともできますし、ハワイの不動は上昇傾向がいていますので上手く売りけることもできます。そんなハワイの不動は日本人が土地を取得することもできますし、コンドミニアムを購入することもできます。これも日本人にハワイの不動に人がある理由だと思われます。

 そしてハワイと同じくマレーシアも土地の取得、コンドミニアムの取得が可能ですし住宅ローンを組むこともできます。

 そして次に人があるのが東南アジアです。例えばフィリピン。フィリピンはリタイアした人が移住する場所として結構人で多くの日本人が不動を購入しています。そんなフィリピンでは外国人が土地を購入することはできませんがコンドミニアムを購入するとことができます。また住宅ローンを組むこともできます。

 このフィリピンのような国は結構たくさんあります。シンガポールやタイ、カンボジアなどがフィリピンと同じくコンドミニアムの購入はできますが土地取得はできません。こうした東南アジアの国には日本企業もたくさん進出しており、日本人向けのお店もたくさんありますのでリタイアした人がたくさん移住しているようですが、物も安くて住みやすいといわれています。

 こうした国はコンドミニアムを外国人が購入するのは全くかまわないが、土地を取得されると安全保障上大抵抗があると言われていますので、このように土地取得を禁止しているのだと言われています。

 このほかにベトナムでは土地もコンドミニアムも取得できますが、住宅ローンは組めません。またインドネシアは土地取得もコンドミニアムの購入もできません。