土地の所有権も持てるマレーシア不動産投資の魅力

海外の不動を取得する上で重要となるのが土地の所有を外国人が持つことができるかという点です。

高層マンションなどコンドミニアムを購入するのも良いですが、土地の所有も手に入れたほうが資産価値が安定します。

近年では東南アジアでの不動投資が活発化していますが、所有を購入できる国は限られています。

具体的な国名をげれば、タイやフィリピン、カンボジアでは購入できませんが、マレーシアでは購入できます。

マレーシアの人口は約3000万人で、またマレー語、タミル語、英語など複の言語が公用語となっているため多民族国家となっているため、

今後は人口が加していくと予想され、それに伴い不動産価格も上昇すると言われています。

土地の所有も持てるマレーシアでは不動開発が進んでおり、クアラルンプール周辺ではコンドミニアムの建設ラッシュがいています。

名としては、KLセントラル駅やツインタワー周辺が特に人エリアとなっています。

注意する点としては、最低購入格が設けられていることがげられます。

外国人の場合、不動の最低購入格が100万リンギットとなっており、

これは2017年の日本円に換算すると約2700万円ほどになります。したがって資本がないと投資できない仕組みになっているのです。

ただ、この点に関しては住宅ローンさえ組めば問題ありません。

マレーシアでは外国人であっても住宅ローンを組むことができるので心配はいりません。

住宅ローンに関して言えば、10年間の在が許可されるMM2Hビザを持っているとスムーズにいきますので、できればMM2Hビザを取得するのが望ましいと言えます。

マレーシアの制には特があります。

不動賃貸を目的として購入する場合はインカムゲインが見込まれますが、居住者と非居住者の間で課される率が異なります。

居住者の場合は、26%以下の累進課制度となりますが、非居住者の場合は一律で26%金が課されます。

つまりマレーシアに居住する人が有利な制となっているのです。

よってマレーシアに移住して住む人は、特に不動投資するメリットを受けられます。

さらに不動の売却益を目的とするキャピタルゲインにしては、物件取得後5年未なら30%5年以上なら5%が課されます。

つまり、不動5年以上保有すれば金が安くむのです。

このような制を踏まえた上で、不動購入の略を練ることを強くオススメします。