コンドの建築ラッシュはバンコク

今現在、バンコクでは、コンドミニアムの建設ラッシュがいているといえるでしょう。コンドの建築ラッシュはバンコクであり、特に東南アジアでも、白熱しているといえるでしょう。

特に高架鉄道システム沿いの都市部においては、近年において、投資向けのコンドミニアム物件が々と建設されているのが現です。

こちらの物件ですが、主に転売目的として購入する方も居れば、家賃入を目的として、購入する方も居ます。

しかし、主にコンドミニアムに関しては、バンコク中心部では、外国駐在員に人となっています。

コンドミニアムの建設ラッシュが起こっているタイのバンコクでは、こちらの中心地の物件は、このように外国駐在員を主に象として、投資用に購入されることが多いといえるでしょう。

不動の売買によるキャピタルゲインを目的とするケース、あるいは、賃貸でのインカムを目的としているケースがあります。

さらに、タイのコンドミニアムは、日本人の投資家も購入しやすいがあり、多の方が、バンコクの物件を所有しています。

そして、現地の日系の企業の駐在員に、部屋を貸すことで、投資が成功しているといえるでしょう。

バンコクでは、このような投資が成功すると、かなりの利回りを受け取ることが出るのです。

タイのバンコクのコンドミニアムで、をつけなければならないのが、水回りなどに関してです。

タイのコンドミニアムに関しては、水回りなどにトラブルが多いので、修理などでトラブルが起きることが多いです。

しかし、日本人同士ならば、対応などもスムーズですので、日本人オーナーの物件は、人が高くなっています。

さらに、バンコクでもコンドミニアムで人のエリアが、BTSが近いエリアです。

こちらのエリアが人の理由として、バンコクは、都市でもあるため、BTSが近い場合、利便性が高く、通勤や移動などがスムーズで便利であることから選ばれることがえています。

バンコクでも、主にBTS沿いを中心として、コンドミニアム建設が進められています。

さらに、近年では、高級コンドミニアムと呼ばれるようなコンドミニアムにも需要があります。たとえば、高級となると、24時間警備がついていて、さらにはフィットネス、プール付きであることが多いです。

タイは経済成長率も著しく、こういった高級コンドミニアムでも需要が多く、発売と同時に、即完売してしまうというケースも少なくありません。