タイの不動産事情について

タイの不動事情についてですが、今はタイでは不動投資が白熱していると言われていて、今では、アジアの中でも、タイは、不動投資ブームがているといえるでしょう。

加熱態となっているタイの不動事情ですが、なぜこれほどまでにタイでは不動投資ブームがているのでしょうか。

まず、2010年ごろから現代までに至り、バンコクは急激に発展しているといえるでしょう。

今となれば、東南アジアの中心的な存在として知られています。

光都市としても人のタイバンコクですが、一時期は政情不安もありましたし、洪水などの自然災害も多いことから、日系企業はタイにおける点を集中させることに不安を感じていることが多かったです。

しかし、結局の所、タイを超える投資の候補地はそれほどなく、東南アジアでも、非常に魅力的な不動投資先であるといえるでしょう。

諸外国においても、タイを投資先として、見ているところが多いですし、さらに今は経済発展のまっただ中であり、タイ人の就職先がいくつもあり失業率は、1%を2011年から切っている態なのです。

そういったこともあり、タイの不動の事情としては、投資ブームが止まらなくなっているといえるでしょう。

バンコクには、オフィスビル、そしてコンドミアムなどが立しており、高層のコンドミアムなどは、坪単価が非常に高い不動物件もあります。

それでも飛ぶように売れているため、投資家や、ビジネスマンが不動売買に目を付けることが多くなっています。

そんな、バンコクの不動売買で利益を上げることが出ると言われている、人のエリアがあります。

それは、高架電車である、スカイトレインが走っている、スクムビット通りのエリアです。

こちらのエリアは、多くの人に今現在注目をされているエリアであり、自分の住まいとして購入する方も非常に多いです。

また、老後の移住のために購入をするという高齢者の方も多いです。

しかし、タイの不動の事情として、エリアごとにかなりの費用の差があります。

たとえは、同じ人エリアでも一つ路地が違うだけで、全く格や価値などがわってくるので、このあたりををつける必要があります。

しかし、タイの不動は、人のエリアの新築物件になると、コンドミアムや、賃貸であったとしても、あっという間に完売してしまうことが多く、ハイパークラスの富裕層でしか手を出すことが出ないこともえているのです。